MENU

ナノクリアに使われる防腐剤フェノキシエタノールの安全性

ナノクリア,フェノキシエタノール

 

フェノキシエタノールとはいわゆる防腐剤の役割をもつ成分になります。

 

一昔前は防腐剤はパラベンが広く使用されていましたが、今ではフェノキシエタノールのほうが利用率が多くなっています

 

それはなぜか?
パラベンに比べフェノキシエタノールのほうが毒性が低く安全性が優れているためですね。

 

少ない配合量でも商品の劣化をしっかりと防いでくれることになります。
敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使える防腐剤なのは大きな魅力ではないでしょうか。

 

とは誰にでも必ずしも安全であるとはいえません。
人によって肌質には個人差がありますので絶対に肌荒れしないなんていえませんね。

 

ただ限りなくリスクとしては低いと考えることができます。

 

ナノクリア,フェノキシエタノール

 

フェノキシエタノールはもともと玉露から抽出された成分。
少ない配合量で抗菌作用を発揮してくれるので刺激を与えてしまうほどの量を使わなくてもいいんです。

 

パラベンよりもフェノキシエタノールのほうがい防腐力は低いということはその分フェノキシエタノールの配合量を多くする必要性があるのではないか?と心配になる人も多いかもしれません。

 

確かにフェノキシエタノールはパラベンよりも濃度を高くする必要がありました。
ただ今は防腐剤自体の配合量を少なくすることに成功しています。

 

結果、フェノキシエタノールの減量化に成功しつつも防腐剤としての役割もしっかりと果たしてくれているんですね。

 

フェノキシエタノールはエタノールという名前が使われています。
エタノールといえば肌の刺激になるイメージですよね。

 

ただフェノキシエタノールとエタノール、アルコールとは全く違うと考えてもらって大丈夫です。

 

ナノクリアは防腐剤としてフェノキシエタノールを配合していますが安全性は高く使えるようになっていますので安心です。

 

ナノクリア,フェノキシエタノール

 

そもそも化粧品に防腐剤がいるの?って思う人もいるかもしれませんが化粧品自体に菌が繁殖しやすい性質があることが分かっています。

 

美容成分がたくさん配合されている化粧品は細菌などの栄養分にもなりうるからなんですね。
つまり菌によっては繁殖しやすい環境であると考えられます。

 

菌が繁殖している・・・
劣化してしまった・・・

 

そんな化粧品って使いたいと考える人って少ないのではないでしょうか。

 

フェノキシエタノールをはじめ防腐剤は基本的には欠かせないもの。
商品の品質を保つためにも配合されていないよりも配合されているほうが安心して使えるんです。

 

しかしフェノキシエタノール以外にも防腐剤はいくつかの種類が存在します。
もちろんそれぞれによって殺菌作用、毒性などが違ってくるので注意してみておくほうがいいでしょう。

 

防腐剤は肌質にとっては刺激を感じヒリヒリしたり赤みを発生させたりする危険性もあるためです。
その点、ナノクリアの防腐剤としてつかわれているフェノキシエタノールは安心して使えるメリットは強みですね。

 

■合わせて読まれてます■
ナノクリアを実際に使った口コミ体験談

このページの先頭へ