ナノクリア フィトリフト

MENU

ナノクリアとフィトリフトをどっちがいいのか比較した結果

ナノクリア,フィトリフト

 

  ナノクリア フィトリフト
通常価格 4,968円 4,980円
定期初回 980円 1,980円
定期2回目〜 4,980円 -
定期解約 4回継続の約束 -
保証 - 全額返金保証あり
内容量 50g 50g
テクスチャー エマルジョン ジェルクリーム
特徴 ラメラブースター技術 特殊素材ハリネットポリマー
安全性 界面活性剤、合成香料、着色料、パラベン、アルコール 無香料、無着色、パラベンフリー
注目成分 フラーレン、リンゴ果実培養細胞エキ、,ラ・フラーレン フィト発酵エキス、バラ子房エキス
全成分 水、BG、エチルヘキサン酸セチル、グリセリン、シア脂、スクワラン、ペンチレングリコール、エンテロコッカスフェカリス、フラーレン、リンゴ果実培養細胞エキス、プラセンタエキス、水溶性プロテオグリカン、ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチン、PCA-Na、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、ダイズ種子エキス、加水分解酵母エキス、ミツロウ、ベタイン、ベヘニルアルコール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、水添ナタネ油アルコール、パルミチン酸エチルヘキシル、グリチルリチン酸2K、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル、カルボマー、キサンタンガム、イソマルト、PVP、水酸化Na、フェノキシエタノール 水、BG、グリセリン、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、パントエアアグロメランス培養溶解質エキス(※1)、ハイブリッドローズ子房エキス(※2)、ダイズエキス、アセチルヒドロキシプロリン(※3)、アセチルヒアルロン酸Na(※4)、ヒアルロン酸Na(※5)、グルコシルセラミド(※7)、リンゴ果実培養細胞エキス(※8)、オリゴペプチド-24(※10)、アセチルデカペプチド-3(※9)、レチノイン酸トコフェリル、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(※6)、白金(※11)、オウレンエキス、グリチルレチン酸ステアリル、アルギニン、ジメチコン、セテアリルグルコシド、カンテン、エチルヘキシルグリセリン、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、α-グルカン、キサンタンガム、レシチン、ポリソルベート80、トコフェロール、フェノキシエタノール、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル
保湿力

ナノクリア,フィトリフト

ナノクリア,フィトリフト

 

使ってみた使用感の比較

ナノクリア,フィトリフト

 

フィトリフトの最大の特徴であるハリネットポリマー。
形状記憶ジェルであるためポリマー同士が結びつく復元力があります。

 

とはいえ実際に使ってみても復元力を実感することはとくにないですがジェルタイプでありながらもナノクリアに負けないほどの肌へのなじみを感じれます。

 

安全性の比較

ナノクリア,フィトリフト

 

フィトリフトにはセテアリルグルコシドと呼ばれる界面活性剤が使われています。
乳化剤としの役割がある成分になりかなり少ない配合量で乳化を安定させることができる特徴があります。

 

少量で済むため毒性は低く刺激を感じる人は少ないと考えられてはいますが心配な人はパッチテストを行うかもしくは界面活性剤を使用しない三相乳化法を取り入れているナノクリアを使ってみるのもいいかもしれませんね。

 

保湿力の比較

ナノクリア,フィトリフト

 

フィトリフトはヒアルロン酸のおよそ6倍の保湿力があるフィト発酵エキスを配合。
オールインワンジェルでありがちな潤いの物足りなさを全く感じません。

 

ナノクリアにも4ヶ月間も期間腐らないリンゴで希少なスイス産のリンゴの幹細胞をナノ化したエキスのほかにもヒアルロン酸Naなど豊富な保湿成分を配合しておりラメラブースター処方にて浸透性を高めています。

 

どちらもそれ一つだけで保湿力が物足りないとは感じませんでした。

 

使いやすさを比較

ナノクリア,フィトリフト

 

ナノクリアはポンプ式なので正直かなり使いやすいです。
ただフィトリフトは容器に入っているジェルをスパチュラもしくは指ですくい上げ使用します。

 

一般的といえば一般的ですし、不便さを感じる人は少ないかもしれませんがあくまでもワンプッシュでケアができてしまうポンプ式と比較してしまうと使い勝手では優れていると言えますね。

 

試しやすさを比較

フィトリフトは定期便での購入ではなく初回お試しキャンペーンを実施しています。
そのため継続回数が約束されているわけでもなくいわゆる買い切りの単品での買い物ができます。

 

ナノクリアは4回の継続が約束されているので試しやすさという点を考えるとフィトリフトのほうが抵抗を感じる人は少ないでしょう。

 

ただ継続してスキンケアは基本的には継続して使っていかないといけないと考えるとどちらもコスパ的に大きな値段の差はないでしょう。

 

■一緒に読まれてます■
ナノクリアとコンシダーマルの違いを徹底比較