ナノクリア オールインワンゲルは肌に悪い

MENU

オールインワンゲルは肌に悪いって聞くけどナノクリアは問題なし?

ナノクリア,オールインワンゲルは肌に悪い

 

ナノクリアに限らず今では数多くのオールインワンゲルが商品化されています。

 

いろんな役割を一つに凝縮したのがオールインワンを使うメリットといえますが一方ではオールインワンゲルは肌に悪いという意見もあります。

 

界面活性剤の使用

なぜオールインワンゲルは肌に悪いと言われているのかその一つの理由として化粧水の成分、乳液の成分、クリームの成分を混ぜ合わせるために使用される界面活性剤でしょう。

 

オールインワンゲルの性質上、乳化剤の使用というのは避けては通れない問題。
ただナノクリアに関しては三相乳化法を取り入れていて界面活性剤不使用なこともありこの点に関しては不安を持つ必要はないといえるでしょう。

 

浸透性が低い

またオールインワンゲルは肌への浸透力が低いことも問題視されがちです。
そもそも化粧水には化粧水の乳液には乳液に役割があります。

 

例えば化粧水の役割は肌を柔らかくし整えること。
そのあとに肌に塗るスキンケアの浸透性を高める役割が化粧水にはあります。

 

ライン使いするときは必ず化粧水を一番はじめに使用するのではないでしょうか。

 

それは化粧水を使うことでその後に使用する乳液、美容液の浸透性を向上させるのが目的だからです。

 

ただオールインワンゲルだとそういった一つ一つの役割をもつ成分がまとめられているのでそれぞれの働きが最大限発揮されないというデメリットが考えられています。

 

確かに実際にいえることではありますがこの点もナノクリアでは問題ありませんよね。
ラメラブースター処方のおかげで浸透力はもちろん肌なじみもしっかりと実感することができます。

 

時短=手抜き

オールインワンゲルは肌に悪いというイメージをもっている人の多くはそもそもオールインワンのスキンケアは手抜きであるという考えを持っている人も少なくはないでしょう。

 

時短ができるというメリットのオールインワンゲルは逆を言えばその分楽をして手抜きをしてスキンケアをしているととらえることも確かにできます。

 

ただどの化粧品にも言えますが、それは商品によると考えるのが通常でしょう。
時短=手抜きとむずびつけるのは少し違うのではないでしょうか。

 

少なくてもナノクリアの配合成分はかなり厳選されていますし何より美肌菌を増やす成分の配合がされたオールインワンは他になかなかあるものではありませんね。

 

オールインワンゲルが肌に悪いのではなく結局は商品による

今はオールインワンの市場は年々伸びています。
それだけ日々進化を遂げている証拠であり製造過程もどんどんよくなっています。

 

昔に比べ今のオールインワンゲルは肌に悪いと言いきれる問題ではなくなっているでしょう。
オールインワンがダメというよりかは結局は商品により内容成分によって変わってきます。

 

オールインワンでもライン使いのそれぞれのスキンケアアイテムでも化学物質が、添加物がたくさん配合されているものであれば肌に悪いですよね。

 

オールインワンが肌に悪いという考えよりももっと化粧品を選ぶうえで大事なことがあると思うほうがいいかもしれませんね。

 

■一緒に読まれてます■
ナノクリアに使われているリンゴ果実培養細胞エキスの働き