ナノクリア 界面活性剤

MENU

ナノクリアには界面活性剤不使用!?界面活性剤の危険性

ナノクリア,界面活性剤

 

化粧品の多くは界面活性剤と呼ばれる成分が配合されている商品が多いです。

 

界面活性剤と聞けば悪いイメージをもつ人も少なくはありません。
なんとなくお肌にはよくない。。。と感じてる人も多いかもしれませんね。

 

事実、界面活性剤は皮膚への刺激となる恐れがあることが分かっています。
もちろん毒性が高いものや低いものがあり通常化粧品で使用される界面活性剤は毒性が低いです。

 

ただ敏感肌のひと、界面活性剤にアレルギー反応を起こしてしまう人もいるため界面活性剤不使用のラメラブースター処方を取り入れたナノクリアは注目されています。

 

そもそも界面活性剤とは何か?

界面活性剤は普通であれば混ざらない物質を混ぜあわせることができる物質です。
つまり水や油の界面部分(表面の境界)の性質変化作用があるんですね。

 

また界面活性剤には様々な種類が存在します。

 

  • 天然界面活性剤
  • 合成界面活性剤

 

多くは合成界面活性剤が使用されています。
化粧品だけではなく、髪の毛を洗うためのシャンプーや洗剤など日常で使用するものに幅広く利用されています。

 

界面活性剤のデメリット

いろんな商品に使われている界面活性剤ですがデメリットも考えられています。

 

合成界面活性剤に関しては海水汚染の影響まで問題視されており、人の体にも悪影響を及ぼすことが分かっています。

 

  • 皮膚への毒性
  • アレルギー反応
  • 肌荒れ
  • 乾燥

 

など。

 

しかし合成界面活性剤は1種類ではなく全体で何千種類にまで及びます。
全ての合成界面活性剤が問題であるわけではないんですね。

 

そのため必ずしも界面活性剤が配合されていると肌トラブルの危険性があるとは言い切れないんです。

 

界面活性剤はバリア機能を破壊してしまう

界面活性剤が与えるお肌への影響で怖いのがバリア機能の破壊です。
肌表面の角質層は角質細胞と細胞間脂質がラメラ構造状となり重なりあい肌を保護しています。

 

しかし界面活性剤の混ざり合うことのない物質を混ぜ合わせるという性質がありますね。

 

つまり油を浮かせる働きがあるのでバリア機能に必要な皮脂や細胞間脂質を洗い流してしまいます。

 

界面活性剤ならではのメリットがバリア機能にはデメリットとして働いてしまうためバリア機能を低下させてしまう危険性があるんです。

 

とくに注意したい界面活性剤の種類

数千種類にも及ぶ界面活性剤ですがとくに注意したいのが、

 

  • 高級アルコール系
  • 石油系

 

です。

 

高級アルコール系はとくに洗顔剤などに配合されることが多く洗浄力が非常に優れてるのが特徴です。

 

ラウリル硫酸〇〇などが当たりますね。

 

化粧水や乳液によく使われているのが石油系界面活性剤になります。
石油から製造された界面活性剤で高級アルコールよりも洗浄力が強く肌に刺激を与えてしまう可能性が高いと言われています。

 

誰しもが肌に危険性があるわけではない

繰り返しになりますが、界面活性剤が配合されているからといって必ずしも肌トラブルを引き起こすわけではありません。

 

もともとの肌質や乾燥度合いにもよって異なります。

 

ただお肌の弱い人や敏感肌のひとであればナノクリアのように界面活性剤が一切使われていないエマルジョンでスキンケアをすることは大きなメリットであると言えるでしょう。

 

■一緒に読まれてます■
ナノクリア〜お肌の曲がり角っていつ頃になる?症状や対策方法〜