ナノクリア 活性酵素

MENU

ナノクリア〜活性酵素が与える肌への悪影響〜

ナノクリア,活性酵素

 

そもそも活性酵素は体内に存在する必要な物質。
役割は免疫機能の一つであると考えられていて体に侵入する害を攻撃したり防いだりする役割があります。

 

ただ本来は体のために働いてくれる活性酵素なのですが増えすぎてしまうとお肌をふくめ体に悪影響を与えてしまいます。

 

活性酵素のやっかいなところはあらゆるものを酸化させること。
つまり金属が錆びるように細胞も錆びてしまい老化につながってしまいます。

 

細胞が老化していくと様々な肌トラブルを引き起こす原因となります。

 

シミ、くすみ

活性酵素の肌に与える悪影響の一つとしてシミ、くすみの発生が考えられます。
シミの発生原因は紫外線の影響であるといわれていますよね。

 

シミの原因であるメラニン色素は本来肌のダメージを軽減させる働きがありますよね。
なので紫外線のダメージを受けることで細胞を酸化させてしまう活性酵素から肌を保護しようとメラニン色素が分泌されてしまうんです。

 

メラニンが排出されてしまうことで色素沈着して結果シミやくすみにつながります。

 

乾燥による小じわ

活性酵素は潤い成分であるコラーゲン、エラスチンをも酸化させてしまいます。
保湿成分が酸化してしまうことで肌の弾力維持が難しくなり小じわができてしまいます。

 

活性酵素が増えてしまう原因

活性酵素が増えてしまう原因は何も紫外線だけにはとどまりません。
日々の日常生活の中でも影響を与えるものは数多くあります。

 

例えばストレス。
ストレスを感じるとホルモン分泌が活性化されることが分かっています。

 

ホルモンを分泌するために活性酵素も同じように作り出されてしまいますのでストレスをためればためるほど体内の活性酵素も増え続けてしまうことになります。

 

ストレス発散は簡単なことではありませんが、意識的に対策をすることが望ましいでしょう。

 

その他にも代表的なのがたばこ。
そもそもたばこの煙の中に活性酵素が大量に含まれています。

 

たばこの中にはあらゆる物質が使われ有害であることは多くの人が知ってることではないでしょうか。

 

紫外線同様、体内に有害物質が侵入してしまうと活性酵素が分泌されてしまいますね。
喫煙と活性酵素はかなり関係性が強いことが分かります。

 

活性酵素除去は老化を防ぐことにつながる!

人は本来活性酵素を除去する役割をもつスカベンジャーと呼ばれる物質をもっています。
スカベンジャーには抗酸化作用があります。

 

まだ年齢も若ければスカベンジャーもしっかりと機能していて過剰に作り出された活性酵素も除去してくれていますので肌の老化を防いでくれてるんですね。

 

しかしスカベンジャーは30代を超えたあたりから少しづつ生成能力が低下します。
そのため細胞の酸化つまり老化現象も気になりだしてくるわけなんですね。

 

ナノクリアには抗酸化作用に優れる成分フラーレンやリンゴ果実培養細胞エキスなどが配合されています。

 

お肌に存在している必要以上の活性酵素を除去してくれますので肌の老化を予防してくれます。

 

■合わせて読まれてます■
ナノクリアを実際に使った口コミ体験談