MENU

ナノクリアとコンシダーマルの違いを徹底比較

ナノクリア,コンシダーマル

 

  ナノクリア コンシダーマル
通常価格 7,000円 4,980円
定期初回 980円 2,268円
定期2回目〜 4,980円 4,082円
定期解約 4回継続の約束 3回継続の約束
保証 - 全額返金保証あり
内容量 50g 50g
テクスチャー エマルジョン ローション
特徴 ラメラブースター技術 ラメラテクノロジー
安全性 界面活性剤、合成香料、着色料、パラベン、アルコール 無香料、無著色、無鉱物油,パラベンフリー、アルコールフリー
注目成分 フラーレン、リンゴ果実培養細胞エキ、,ラ・フラーレン マリンプラセンタ、発酵プラセンタ
全成分 水、BG、エチルヘキサン酸セチル、グリセリン、シア脂、スクワラン、ペンチレングリコール、エンテロコッカスフェカリス、フラーレン、リンゴ果実培養細胞エキス、プラセンタエキス、水溶性プロテオグリカン、ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチン、PCA-Na、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、ダイズ種子エキス、加水分解酵母エキス、ミツロウ、ベタイン、ベヘニルアルコール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、水添ナタネ油アルコール、パルミチン酸エチルヘキシル、グリチルリチン酸2K、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル、カルボマー、キサンタンガム、イソマルト、PVP、水酸化Na、フェノキシエタノール 水、BG、グリセリン、シクロヘキサシロキサン、ベタイン、DPG、トレハロース、ステアリン酸グリセリル(SE)、プラセンタエキス、サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液、ヒトオリゴペプチド-1、セラミドNG、セラミドNP、スクワラン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PCA−Na、乳酸Na、クエン酸、クエン酸Na、塩化Mg、塩化Ca、シア脂、ホホバ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、ベヘン酸、ラウロイルサルコシンイソプロピル、ステアリルアルコール、ベヘネス−30、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30)クロスポリマー、PPG−6デシルテトラデセス−30、メタリン酸Na、シクロペンタシロキサン、トコフェロール、ステアロイルグルタミン酸2Na、ビサボロール、ポリ-ε-リシン、マンニトール
保湿力

ナノクリア,コンシダーマル

ナノクリア,コンシダーマル

 

成分の比較

ナノクリア,コンシダーマル

 

全成分を比較すると配合成分の量はコンシダーマルのほうが多いですね。
とはいえ成分が少ないからダメというわけでもないので一概には言えません。

 

それぞれに注目成分が配合されている点にも注目したいところです。
ナノクリアには美肌菌に働きかけるラ・フローレン、コンシダーマルにはノーベル賞の受賞実績のあるEGFを配合しています。

 

安全性の比較

ナノクリア,コンシダーマル

 

コンシダーマルにはステアリン酸グリセリルと呼ばれる非イオン界面活性剤が使われています。
いわゆる乳化剤になります。

 

界面活性剤と聞くと危険性を感じやすいかもしれませんがステアリン酸グリセリルは毒性の低い乳化剤であると考えられていますので
安全性は高いといえます。

 

ただ肌質的にや以前に界面活性剤で肌トラブルを引き起こした経験がある場合は界面活性剤不使用のナノクリアのほうが安心感はあるかもしれません。

 

使いやすさの比較

ナノクリア,コンシダーマル

 

それぞれがポンプ式であるので衛生的に使えますし、楽にスキンケアができる点はありがたいですね。

 

使用感の違い

ナノクリア,コンシダーマル

 

ナノクリアはオールインワンエマルジョンに対してコンシダーマルはスキンライズローション
なのでそれぞれのテクスチャーには少し違いがあり使用感も変わってきます。

 

どちらかというとコンシダーマルのほうがサラサラっとして質感
軽さがあるローションタイプでもしっかりと潤いを与えてくれます。

 

コストの比較

ナノクリア,コンシダーマル

 

コンシダーマルも内容量は50gで差はありません。
同じように使っていてもどちらでも1ヶ月使用できます。

 

ナノクリアは初回980円とかなり低価格で購入ができますが、それ以降の値段はコンシダーマルのほうが安く買い続けることができます。

 

継続して使うと若干の差ではありますがコンシダーマルのほうがコストはいいと考えれますね。

 

■一緒に読まれてます■
ナノクリアととろんと濃ジェルって違うのか比較してみた!

このページの先頭へ