ナノクリア お肌の曲がり角

MENU

ナノクリア〜お肌の曲がり角っていつ頃になる?症状や対策方法〜

ナノクリア,お肌の曲がり角

 

お肌の曲がり角という言葉を聞いたことがある人も少なくはないでしょう。
あまりいい響きではないですよね。

 

簡単にいってしまえばお肌の老化、衰えを感じる時期

 

およそ30歳前後を境にお肌の曲がり角を実感する人が多いようです。
例えば、

 

  • お肌の乾燥
  • 小じわ
  • 薄いシミ

 

など肌トラブルの中でも老化を思わせるような症状が目立つようになってしまいます。
肌本来がもつ美肌を保つ力が失われてくるのが主な原因です。

 

外からのダメージを受けやすくなる

一般的にお肌の曲がり角は30歳前後だといわれてはいますが、実は20歳を超えてからは肌の代謝機能の低下や皮脂膜の生成機能によるバリア機能の弱りが始まってしまっています。

 

そのため少しづつ少しづつ外部からのダメージを受けてしまいます。

 

界面活性剤が使われている化粧品はバリア機能を破壊してしまう性質があるのでよりお肌の曲がり角を感じやすくなってしまう可能性もあるでしょう。

 

潤い成分の減少

また肌の弾力やハリを保っている潤い成分であるヒアルロン酸、コラーゲンやエラスチンの減少が著しくなってしまうのはお肌の曲がり角の大きな原因になります。

 

皮脂膜の形成機能の低下、肌本来がもつ潤い成分の減少・・・

 

10代、20代と比べてしまうと肌の乾燥は深刻化するため紫外線の影響も受けやすくなってしまいシミの発生にもつながりやすくなります。

 

化粧ノリも悪くなってしまい肌にツヤ感もなくなってしまうのもお肌の曲がり角の症状であると考えれるでしょう。

 

お肌の曲がり角の対策には保湿が大事

まずお肌の曲がり角を感じている人に重要な対策方法は保湿ケアです。
失われたいく潤い成分の生成機能はそのままにしていても自己回復することはありません。

 

ほっておけばそのままどんどん乾燥が悪化するだけ。
なのでナノクリアのような保湿化粧品で外から潤い成分を補給してあげることが重要になります。

 

潤い不足が回復するとお肌は好循環にはいります。

 

バリア機能は正常に働き外部刺激のダメージの軽減し、ターンオーバーも正常に機能し肌トラブルを起こさない赤ちゃんのような素肌を取り戻すことにつながります。

 

紫外線対策も忘れずに

ナノクリアで保湿ケアを毎日行うことはもちろん紫外線対策も忘れないようにしましょう。

 

基本的に紫外線は1年中降り注いでいるという考えをもち常にUVケアを意識することが大事。
紫外線の影響は目に見えるものではないので難しいのですが、肌に与える影響は非常に怖いものがあります。

 

老化の原因の半数以上は紫外線によるもの、いわゆる光老化であると考えられています。
紫外線対策はイコールお肌の曲がり角予防につながると言っても過言ではないでしょう。