ナノクリア シアバター

MENU

ナノクリアに配合されているシアバターの役割

ナノクリア,シアバター

 

ナノクリアに配合されているシアバター

 

成分名としてはシア油として表示されていて油溶性であるため肌の水分蒸発を防ぐことで潤いを長期間保つ働きが期待できます。

 

インナードライや乾燥肌のひどい肌質にも大きなメリットを与えてくれます。

 

シアバターは本来優れた保湿力をもっていることもあり乾燥肌対策にもなり何よりも安全性の高い保湿成分でることはおおきなメリットであるといえるでしょう。

 

シアバターの優れた保湿力の秘密は脂肪酸

 

  • ステアリン酸
  • オレイン酸
  • リノール酸
  • パルミチン酸

 

など豊富な脂肪酸を配合しておりステアリン酸、オレイン酸が主成分になります。

 

ナノクリア,シアバター

 

ではこの脂肪酸とはいったい何なのか?
ヒトの肌が分泌される皮脂の成分になります。

 

皮脂と聞けばニキビの原因になってしまう・・・角栓の発生につながる・・・といったようにマイナスのイメージになるかもしれません。

 

しかし皮脂には非常に重要な役割があります。
皮脂膜を形成し水分蒸発を阻止するだけではなく外的な刺激から皮膚を保護する手助けもしてくれます。

 

もちろん必要以上に分泌されてしまった皮脂は酸化してしまったり毛穴につまることで肌トラブルにつながってしまいます。

 

ただ肌には必要な皮脂もあるということ。
シアバターにはこの皮脂膜と類似した役割を発揮してくれます。

 

ナノクリア,シアバター

 

皮脂と似ていることもあり非常に肌なじみがいいこともシアバターのメリット。
なじみがいいとそれだけ浸透してくれるのでシアバターの働きを最大限に発揮してくれます。

 

シアバターの安全性なども気になるかもしれませんが当然ですが天然エキスになります。

 

昔から赤ちゃんの保湿や日焼け防止にも使われてきたシアバターになりますので敏感肌な肌質はもちろん肌が弱い人でも安心して使える成分になります。

 

ナノクリア,シアバター

 

シアバターはあくまでも角質層に存在する潤い成分や水分の蒸発を防ぐこと。
なので保湿成分ではありますが潤いを与える働きがあるわけではないんです。

 

ただナノクリアはオールインワンエマルジョンでありシアバターのほかに優れた水分を角質層に与える保湿成分が配合されています。

 

浸透力の高いナノクリアで潤いをしっかりと行き届かせシアバターで蓋をするイメージですね。

 

結果、潤いが空気中に蒸発してしまうことを防げるので乾燥予防、肌のプルプル感を実感しやすいことにつながります。

 

■一緒に読まれてます■
ナノクリアに使われているリンゴ果実培養細胞エキスの働き